【買い物からスタートする野菜料理教室】 2024年3月〜6月スケジュールのお知らせ(月2回開催予定)

【八百屋deめぐる季節の 棚からクッキング】
2024年1月〜3月 今後の開催予定です

3/15(金)
3/19(火)

4/16(火)
4/19(金)

5/17(金)
5/21(火)

6/18(火)
6/21(金)

開催日:毎月第3火曜日と金曜日
時間:各10:30〜14:00頃
場所:土の香市場ハラペコあおむし
定員:各回6名
参加費:3500円(材料込み)
持ち物:エプロン、手ふきタオル、持ち帰り用タッパー(残った時のため)

講師:河野鈴鹿
お申し込み:土の香市場ハラペコあおむし

*お名前と人数をお知らせください。空席状況によってお返事をいたします。
TEL 0595670155
主催
🍃めぐる季節の
棚からクッキング🍃

*キャンセルポリシー
2日前の開催決定後よりキャンセル料金が発生いたします。
2日前 2,000円
前日 2,000円
当日 全額

ご参加者様が食べたい野菜、料理方法を知りたい野菜、子どもに食べてほしい野菜などを、八百屋の棚から選んでもらい、それらを組み合わせてその場で何を作るか決めて、みんなで作って食べるという、ぶっつけ本番料理教室です😆
ぜひ一度お越しください。

【買い物からスタートする野菜料理教室】 2024年1月〜3月スケジュールのお知らせ(月2回開催予定)

【八百屋deめぐる季節の 棚からクッキング】
2024年1月〜3月 今後の開催予定です

12月19日(火) 

1月16日(火)
1月19日(金) 

2月16日(金)
2月20日(火) 

3月15日(金)
3月19日(火) 

開催日:毎月第3火曜日と金曜日
時間:各10:30〜14:00頃
場所:土の香市場ハラペコあおむし
定員:各回6名
参加費:3500円(材料込み)
持ち物:エプロン、手ふきタオル、持ち帰り用タッパー(残った時のため)

講師:河野鈴鹿
お申し込み:土の香市場ハラペコあおむし

*お名前と人数をお知らせください。空席状況によってお返事をいたします。
TEL 0595670155
主催
🍃めぐる季節の
棚からクッキング🍃

*最小催行人数について
各回5名様以上で開催いたします。
開催日の2日前に5名様に満たない場合は、開催を見送りとさせていただきます。その際は、お申込みの方へ個別にその旨を連絡いたします。

*キャンセルポリシー
2日前の開催決定後よりキャンセル料金が発生いたします。
2日前 2,000円
前日 2,000円
当日 全額

ご参加者様が食べたい野菜、料理方法を知りたい野菜、子どもに食べてほしい野菜などを、八百屋の棚から選んでもらい、それらを組み合わせてその場で何を作るか決めて、みんなで作って食べるという、ぶっつけ本番料理教室です😆
ぜひ一度お越しください。

【ランチ出店のお知らせ】7月28日(金)ギャラリー夢雲 奈良県宇陀市

【ランチ出店のお知らせ】
2023728()

ギャラリー夢雲
奈良県宇陀市室生向渕415
TEL 0745923960

『身にまとう自然』
7/22-7/31  11-18
10日間の3人展

Little Eagle-Kaoriko
Yukie Kusunoki shell
Miyuki Shimada

心地よい展示の会期中は、毎日素敵な出店者さんによるケータリングがございます。

一年でもっとも暑い時期となりますが、緑が溢れ、気持ちのよい風が通る古民家ギャラリー夢雲さんへ、ぜひお寛ぎにお越しください。

728()
bijinnessさんと
hananoutena_suzuka
vegetable_dishes
がコラボ出店いたします。

28()のランチは
多国籍な野菜デリをお楽しみいただける夏のNeoベジタリアンプレートをご用意いたします。
Neoベジタリアン料理は、日本古来の調味料にスパイスやハーブが融合する新しくも懐かしいベジタリアン料理の新境地です。
真夏のNeoベジタリアンプレート(1,800円)【ご予約優先】11時~なくなり次第終了
また、宇陀産ハーブを使った各種冷たいドリンクやヴィーガンスイーツも用意してお待ちしております。

どうぞのんびりと
涼をとってお過ごしください。

ランチのご予約は
ギャラリー夢雲
TEL 0745923960
または
こちらのお問い合わせからも承ります。

*写真のお料理とはメニューが変わります

【買い物からスタートする野菜料理教室】 8月〜12月スケジュールのお知らせ(月2回開催予定)

【八百屋deめぐる季節の 棚からクッキング】
2023年 今後の開催予定です

8月22日(火)(8月は1回のみ)
9月15日(金)、9月19日(火)
10月17日(火)、10月20日(金)
11月17日(金)、11月21日(火)
12月15日(金)、12月19日(火)

開催日:第3火曜と第3金曜
時間:各10:30〜14:00頃
場所:土の香市場ハラペコあおむし
定員:6名
参加費:3500円(材料込み)
講師:河野鈴鹿
お申し込み:土の香市場ハラペコあおむし

*お名前と人数をお知らせください。空席状況によってお返事をいたします。
TEL 0595670155

スケジュールチラシPDF

概要チラシPDF

【買い物からスタートする野菜料理教室】
始まりました🍃

三重県名張市の八百屋さん(自然食品店)
ハラペコあおむし

主催
🍃めぐる季節の
棚からクッキング🍃

ご参加者様が食べたい野菜、料理方法を知りたい野菜、子どもに食べてほしい野菜などを、八百屋の棚から選んでもらい、それらを組み合わせてその場で何を作るか決めて、みんなで作って食べるという、ぶっつけ本番料理教室です😆

結果、素晴らしく楽しかった!

参加者様も主催者様も喜んでくださったようですし、先導役の私はエキサイティングな気持ちと、なるようにしかならんという開き直りの精神で、奇跡的においしい野菜料理が次々に生まれていきました。

今後も随時開催されることになりました。ぜひ一度お越しください。

7月14日の料理教室の様子

 

料理教室のお知らせ「八百屋でめぐる季節の 棚からクッキング」

緑のまぶしい季節となりました。皆さま、いかがお過ごしですか。
この度、ご縁をいただきまして、三重県名張市の八百屋(自然食品店)ハラペコあおむしさんで、料理教室を開催することになりました。

「八百屋でめぐる季節の 棚からクッキング」

第1回
日時:2023年7月14日(金)
時間:11時〜
場所:土の香市場ハラペコあおむし
定員:6名
参加費:3500円
講師:河野鈴鹿
お申し込み:土の香市場ハラペコあおむし
TEL 0595670155

当日、店内の野菜棚を見て、会話をしながらその日のメニューを考え、みんなで楽しくお料理をします。
基本的に季節のお野菜をメインにしたシンプルな内容です。
お料理初心者の方や、もっと手軽に野菜料理を作れるようになりたい人などにもおすすめの教室です。
ぜひ、気軽にお越しくださいませ。

今後、月に1回ていど、開催の予定です。

詳細はこちらのチラシをご覧ください。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

続いて、料理教室のお知らせです。
ハラペコあおむしさんでは、奥田美和子さんの料理教室「みんなでつくる♪ ええころかげんの台所」
が、毎月1回ていど、開催されています。
季節に採れる野菜や食材、山菜や保存食など、知恵の詰まった懐かしく美味しいご飯を
学び、味わえる、おすすめの料理教室です!
ぜひ、お楽しみください。

第9回
日時:2023年7月17日(月祝)
時間:10時30分〜
場所:土の香市場ハラペコあおむし
定員:6名
参加費:3000円
講師:奥田美和子さん
お申し込み:土の香市場ハラペコあおむし
TEL 0595670155


詳細はこちらのチラシをご覧ください。

1DAY リトリート COLLABORATION【ランチ付きイベントのお知らせ】

伊賀市在住のヨガティーチャー・コーエン佑子さん主催のヨガイベントにて、ランチを担当させていただくことになりました。

ランチのテーマは

【春のデトックス】

ヴィーガン、グルテンフリーにてご用意いたします。

みなさまのお越しを楽しみにお待ちしております。

【テーマ】心と身体のデトックス
【日時】2023年4月16日(日) 10時~15時
【場所】
ヨガ&瞑想:新居公民館(三重県伊賀市西高倉4644番地の2 TEL 0595-21-3340)
ランチ&食のお話会:伊賀めぐみ草庵 カフェスペース(伊賀市依那具221 TEL 0595-51-8383)https://megumi-souan.com
【料金】¥8,000
【内容】ゆったりとした長めのヨガと瞑想、鈴鹿の巡るごはん(ランチ)、食のお話、デトックススープのレシピと作り方の説明

【定員】20名

そして、今回の春の企画はデトックスがテーマですが、秋には満たすことをテーマに再度コラボが決定しています。

こちらも同時ご予約可能ですので、事前ご予約ご希望の方はお知らせください。

では、みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

<ご予約はこちらから>

佑子(こーえん ゆうこ)
090-4764-6217
melopy_yoga_since2016@yahoo.co.jp
↓↓開催場所等の詳細はホームページからでもご確認いただけます↓↓
https://melopy-yoga.amebaownd.com/

 

 

 

フェンネル丸ごと1本使い切り

大きく育てられたフェンネル。
白い茎の部分を食べるのが目的です。



葉っぱ部分はもうかなりかたく育ってしまっているのですが、まだ柔らかな部分も残っています。

わたしは、葉っぱも茎もすべて食べたかったので、3つに解体して別々にお料理してみました。

こちらは葉っぱのまだ柔らかい部分。
サラダに散らしたり、魚介料理の風味付けに。お肉は豚肉との相性が良いようです。

人参とフェンネルのサラダ。
味付けはシンプルに、オリーブオイル、レモン汁、塩、甜菜糖。
フェンネルと人参の甘い香りがピッタリの爽やかなサラダです。
オレンジを加えてもおいしそう。

こちらは葉っぱのゴワゴワした部分。
煮込み料理や揚げ物などにしたい。

人参と合わせてフリットにしました。
米粉とベーキングパウダーでサックサク。
衣には塩とカレー粉で味付けし、さらにカレー粉をふって食べました。
カレー粉の中にはフェンネル(種子)が入ったブレンドもあります。
やはり相性はバツグンですね。

そしてこちらが白い茎の部分。
今回はこの部分をメインで食べるために大きく育てられました。
こちらは、日本では馴染みが薄いですが、西洋では昔からよく食べられています。
生食でも、加熱してもいけます。

私は生が好きなので、スライスしてサラダで食べるか悩みましたが、少しかじった後、加熱調理もすることにしました。
作ったのはグラタンです。



スライスして軽くソテーしたフェンネルに、豆乳で作ったホワイトソースとシュレッドチーズをかけて焼きました。
これは白ワイン必須ね。

皆さまが茎の太った葉つきのフェンネルを手にされたときのご参考になれば幸いです!

葉っぱは真っ先に食べるべし

この時季、無農薬の葉付き大根やカブをいただくのがとても楽しみです。

独特の苦みや辛味がおいしい葉っぱ。
根よりも葉の方に、βカロテンやビタミンCが豊富に含まれています。

ぜひ召し上がってくださいね。

葉付きのものが手に入ったら(またはできるだけ翌日までには)根と葉を切り離します。

根は新聞紙などに包んで袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。
葉は別の袋などに入れ、空気を抜いて野菜室へ。
大根葉は特に長いので、半分に折って入れてもよいですね。

根と葉を別々に料理したければ、先に葉っぱを使いきります。
(葉っぱの方が日持ちしにくい為)

もっと言うと、家にある他の青菜(ほうれん草や小松菜など)を差し置いても先に食べる方がよいです。


食べ方は
◯適当に刻んで塩をふり、水分が出たらよく絞っておく。
茹でるか炒めておくと日持ちしますが、生のままでも数日食べられます。
お好みで、刻みしょうが、胡麻、塩昆布、納豆、かつお節、ツナ、ちりめんジャコ、胡麻油、醤油、ポン酢、マヨなどで調味して一品に。
ご飯に乗せたり、お酒のおつまみや、パンに乗せチーズをかけて焼いても美味です。
焼き飯や卵焼きの具などにもどうぞ。
◯直に炒めてOK.
千切りしょうがやニンニクなどと炒めて、塩胡椒や醤油だけのシンプルな味付けで食べるのがオススメです。
◯天ぷらやチヂミもいけます。
千切り人参やスライス玉ねぎとかき揚げにしたり、米粉を足してモチモチのチヂミにしてもおいしいです。
 
もちろん、根と葉の両方を同時に使ってOK.
◯漬け物・サラダ・炒め物・煮物、味噌汁などに。


皆さまもぜひ、これからは葉っぱを真っ先においしく召し上がってみてね。

待ってたよ大根

11月の伊賀地方
いよいよ大根の季節がやって来ました。

最初の料理は何にしよう。

大根おろし、大根サラダ、大根ピクルス、大根と何かの和え物、大根の味噌汁、おでん、ふろふき大根、大根ステーキ、大根の竜田揚げ、大根と厚揚げの煮物、大根もち、大根入りタイカレー……
日替わりでとことんいただきましょう。

私は季節のいろんなぬか漬けを楽しむけれど、冬大根を漬けて食べては思う。
ああ、やっぱりこの漬け物が一番好き。
(夏はきゅうりに対して思ってる)

 

「大根と車麩のうま煮」


材料〉4人分
大根1/3~1/2本(500g程度)
・車麩 2枚
・だし汁 300ml
・醤油 大さじ2~
・みりん 大さじ2~
・生姜の絞り汁 小さじ1~
・胡麻油 大さじ1~

〈作り方〉
1 車麩をぬるま湯でしっかりと戻しておく(茶色が濃いところがある程度柔らかくなるまで。全体に1.5倍位に膨らむ)
2 大根は皮をむき、食べやすい大きさの乱切り、またはそぎ切りにする
3 1を軽く絞って4当分に切り分け、もう一度よく絞り、片栗粉を両面に付ける
4 フライパンに胡麻油をしき、3の両面がこんがり色づくまで焼いて取り出しておく
5 4のフライパンに大根をなるべく重ならないように並べ、だし汁を注いで蓋をして中火で煮る
6 大根が8割方柔らかくなってきたら、4の車麩を戻し、醤油、みりん、生姜の絞り汁を入れて全体を混ぜ、大根に竹櫛がすっと通るくらいの柔らかさになり、だし汁や調味料の水分がちょうどなくなる位まで煮詰める

 

*調味料の分量は、お好みの濃さにしてください。うま煮=甘辛煮ですが、今回は生姜の絞り汁で味を引き締めています。
*できてすぐより、冷めて味がなじんでからの方が美味しくいただけます。翌日のお弁当にもどうぞ。


こちらは大根の皮を千切りにし、甜菜糖、塩、酢でひかえめに味付け。
炒りごまを散らして箸休めに。


さあ、この冬
大根何本食べられるかな。